シンクロニシティー

シンクロニシティーというのは、偶然の一致というようなことが言われていますが、注意深い人なら気がつく人も多いのではないかと思います。実はわたしもけっこう気がつく方なのですが、やはり、偶然にしてはおかしいという疑問を持つこともあったりするわけです。

よく言われているのは、何年も会っていない人のことを思い出しているとちょうどその人から電話がかかってきたとか、あるいは、欲しいと思っていたまったく物と同じものをプレゼントされたとか、通常の確率から考えると、ほぼゼロに近いようなことが実際におきたりしたとき、これはシンクロニシティーではないのかと考える人もいるかもしれません。

ただ、このぐらいのことなら、まだ奇遇ですね...というレベルの偶然の一致なわけですが、程度の大小はあるにしても、注意深く観察してみると、そのようなことは生活のなかで頻繁に起こっていることに気がつくことでしょう。

このシンクロニシティーと関連して、引き寄せの法則というものが出てくるわけですが、さらに潜在意識などのことも関わってくることになるのかと思います。
ですので、どちらかというと、シンクロニシティーというのは、願望が潜在意識へと浸透し、時間が経過することで引き寄せの法則が発動し、それが現実の結果として現れてくる最終的なものというふうに考えることができるのかもしれません。

一方で、虫のしらせというような現象もあるかと思います。
これはまた別物シンクロニシティーといえるかもしれませんが、こちらの方は特に潜在意識とは関係がないと思われるのでかつあいさせていただきます。

当サイトでは、主に、潜在意識についての効果的なアプローチの仕方について、ブログに書いていく予定です。
といいますのも、潜在意識の効果的な使い方の方法について、ブログを更新することで引き寄せてしまおうと考えているからです。
なので、当ブログにあなたが求めている答えはないかもしれませんが、こうすればいいのではないかというような有用な情報が得られましたら、ご紹介していく予定です。

私はインターネット上で収入を得ているのですが、その収益の発生についても1種のシンクロニシティーというものが存在しているようなのです。といいますのも、必要な額に見合った収入というものが、その都度、ネット収入として発生してきているからです。
例えば、20万円必要なときにはちょうど20万円程度のネットの臨時収入が発生してますし、10万円必要なときにはちょうど10万円の収入が発生しているのです。

今月はちょっと無理かなーと思っていたものでも、以前に発生していた報酬分が海外小切手で私の元に到着したこともあり、それで間に合う形になったケースなどもあります。必要な分の費用というのは毎月得ることができており、お金に困ったというケースがないのです。

これは不思議なもので、10万円の出費がありそうな月は10万円の臨時収入、20万円の出費があるときには20万円の臨時収入となっており、あとになって領収書を確認してみますと、その月に発生した臨時の副収入との差額がほんの数十円程度というケースも多いのです。

これはまるで、あなたがそれを必要としているなら、このお金で買いなさいと天から降ってくるような、そんな臨時収入になっているわけです。これは実に不思議なものだと思っているのですが、非常にありがたいと感謝しております。
このようなものも、一種のシンクロニシティーといえるのかもしれませんが、どちらかというと、必要なお金を潜在意識が引き寄せたものという見方を私はしています。

つまり、潜在意識の法則とシンクロニシティーというのは、非常に密接な関係にあると考えてもよいでしょう。

返報性の法則について

こちらは潜在意識というのとはまた違いますが、返報性の法則というのも存在するわけです。つまり、何かをしてもらったり、よくしてもらった人には恩を返すようなバイアスがかかる法則のことをさしています。たとえば、良い情報を教えてくれた人には、こちらもいい情報を教えてあげるとかはよくあることです。
また、成功者のなかには、かけだしの頃にお世話になった人のことをよく覚えていて、多少、価格が高かったとしても、その人をひいきにするという方が実に多いのです。

一見すると、これは人間の心理上の作用にみえるかもしれませんが、あらゆる出来事に因果応報という法則が存在しています。これが悪い方向で適用された場合は、自業自得ということになるわけです。

ですので、常に、与えることを念頭において生きている人は、常に人から与えられる人生を歩むことになります。感謝の心をもって生きている人は、実際に感謝するような出来事が常にやってくることになるわけです。豊かだなと思いながら生活している人は、数年後には豊かな生活を送れるようになるでしょう。

逆に、不平や愚痴ばかりの人は、そのような状況を次々に引き寄せることになりますし、常に人のあらを探してを攻撃している人は、同じようなことを自分が受けることになるわけです。これをさらに拡大しますと、常に笑顔でいる人には、ハッピーな出来事ばかりがやってきます。ですので、大きく稼ごうとした場合、人をあざむいて奪おうとしてはいけません。多くの人に、最大限のお役に立てることをしていますと、返報性の法則によって、そのうち、自然と豊かになっていくものなのです。この人に何かお返しをしたいという方が多くなるにつれ、次々に売れ行きが多くなっていくことでしょう。

正と負のシンクロニシティー

偶然にしてはあまりにも奇遇すぎるというシンクロニシティーの場合、それ以前に何らかの形で潜在意識に蓄積されてきた思考がなかったかをチェックしてみるとよいでしょう。
おそらく、思い当たるふしが存在するはずです。

シンクロニシティーという点でいえば、意味のないものや特にどうでもいいような偶然の一致も多いかと思います。
けれども、なかにはそのシンクロニシティーをきっかけとして、おそれていたことが現実のものになる負のケースもありますし、逆に長年思い描いていた夢が現実になるというような正のものもあります。

どちらの場合も、本当に潜在意識に浸透しているものが現実になるわけですが、両者を比較してみると、不安や恐怖といった恐れの方がより強力に潜在意識に作用するケースが多いのかもしれません。
何かに恐れをかんじながら生活をしている場合、その不安を消そうとすればするほど、そこに焦点があたってしまい、その時間が長期化することで、その恐れが現実のものとなってしまうわけです。

例えば、リストラにあうのではないかという不安を感じながら働いている人がいるとします。
せめて住宅ローンが終了するまでは職を失うことはできないと考えながら仕事をしたりしていると、そのローンが完済しおわったまさにその月に、会社が倒産してしまうこともあるわけです。
たいていの人は偶然だというふうに考えてしまうわけですが、これはある意味、潜在意識に沈み込んだ恐れが現実のものになる、負のシンクロニシティーといえるものでしょう。

一方、もし失業の不安ではなく、将来は独立しようと考えながら精力的に毎日仕事をしていた場合、住宅ローンが完済した月に、引き抜きにあうというケースもあるかと思います。そういう場合は、正のシンクロニシティーといえるものです。

なので、何気なく考えているような日常の思考が現実化してしまうわけですので、詳細にわたって自分の思いをチェックする必要性があります。
この場合、不安や恐れを消すようにアプローチしても、たいていは大きくなるだけです。
ですので、逆の要素、たとえば豊かさや安心などがこころに占める割合を大きくして、自然に不安がなくなっていくようなアプローチをとるのがベストな方法といえるでしょう。


このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちシンクロニシティーカテゴリに属しているものが含まれています。

次のカテゴリは潜在意識です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。