潜在意識には当然のことのように振舞う

潜在意識で思考していること、思っていることが現実になってあらわれてくるわけですが、よりよい未来を考えようと思っても、イマジネーションだけでは、なかなか無理のあるケースも多いわけです。
そのようなときは、自分でそのような未来が当然のことのように振舞うことが必要になります。

例えば、成金の社長は金の時計をしている人が多いそうです。
けれども、社長になったから金の時計を購入したという人ばかりではなく、成功していない状態で金の時計を購入していたという人も多いようです。
この場合は金の時計を例にしましたが、ある人にとっては寄付だったり、ある人にとってはベンツだったりするかもしれません。

つまり、成功したから時計を購入したのではなく、金の時計を購入したから成功したともいえるわけです。
時計は常に身につけているものですので、自然と成功した社長のように振舞うことが可能になり、成功した状態をイメージするのが容易になります。
特に、日常的に身につけているものについては、非常に影響力が強いものとなりますので、服装や身だしなみなどは何でもいいというわけではないのです。

あるいは、イタリアに旅行にいきたいと思っているとします。
そのような場合は、イタリアの地図を購入したり、パスポートや旅行バックをとりあえずでも購入したりすると現実になる可能性が高くわるわけです。
結果的に旅行が実現しなかったとしても、地図などの値段といってもそれほどたいしたものではありません。
けれども、イタリアの地図を購入して眺めているだけでも、どんどん実現へと近づいていけるわけです。

その状態になったら購入するであろうもの、あるいは必要になるであろうものを、あらかじめ用意しておくと、結果的にそのような現実が引き寄せられてくることになるわけです。
これはものだけではなく、例えば、悩みのある人は食欲が減少する傾向にあるわけですが、そんなときこそ、焼肉などのこってりしたスタミナ料理などをばくばく食べたりしてみると、自然に悩みなども解消した状態を引き寄せることになるわけです。

とりあえずでも、身近にあるものだけでも成功した状態へ持っていくとよいのではないでしょうか。