潜在意識は道具として使えれば十分です。

いわゆる潜在意識は道具として使えればそれで十分です。
その仕組みまでを理解する必要はありません。

例えば、わたしたちは携帯電話を日常的に利用していますが、その仕組みを理解した上で使っている人は誰もいません。わたしたちはただ、どのボタンを押せばどういう機能が使えるか、それさえ分かっていれば、携帯電話を使うには十分なのです。

あるいは、農業を営む人は種をまいて作物を収穫しますが、なぜ、種をまいて水をやるだけで発芽するのか、その仕組みを知ってる人は誰もいません。どんなに遺伝子レベルでの技術が進んでも、人間にはりんごの種ひとつ作ることすらできないのです。

種をまけば芽が出て成長し、そしてまた果実のなかに種ができるということだけ知っていればそれで十分なのです。生命の神秘、生物には神の力が秘められているからとでもいっておけば、それ以上考える必要はありません。

または、鉄の塊が飛ぶわけがないといって飛行機には乗らないようなものです。便利なものは、その仕組みを知らなくても、それを使って活用していければそれでよいのです。

潜在意識についても同じで、願望を実現するには、それを活用する方法さえ知っていればそれでよいのです。なぜそれが実現するのかについて、その仕組みまでを知る必要はないといえるでしょう。

このブログ記事について

このページは、attoが2013年4月17日 07:21に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「潜在意識ですぐに実現するケースは少ないです」です。

次のブログ記事は「株取引に瞑想を取り入れる効果について」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。