潜在意識は宗教か?

よく潜在意識とか宗教、セミナー、あるいはスピリチュアルなどは同じ類のものとして扱われるケースが多いです。古くは瞑想などもブッダが悟りを開くときにやっていたもののようですし、その流れで仏教なども出てきたのでしょうから、瞑想や潜在意識というとどこか宗教のふいんきが出てきてしまうものです。

ただ、潜在意識と宗教では若干、ニュアンスが違ってきます。

例えば、キリスト教などにおいては、天に神がいて、その元で福音に感謝して生きていくという感覚かと思いますが、潜在意識の場合、人間存在のうちに潜在意識という神が自分自身のなかにすでにいるわけです。

なので、一見すると自分の力や能力では不可能に思えるようなことであったとしても、自分のなかの潜在意識という神には不可能なことはなく、軽々と願望や希望が奇跡的に実現していってしまうのです。

また、ネガティブなものでもポジティブなものでも、潜在意識とつながっていれば、善悪関係なく日常的に考えていることが実現してしまいます。そこには道徳も倫理もないわけですので、一般的な宗教とは違いがあるわけです。

ですので、潜在意識はどちらかというと、スポーツ選手がやっているイメージトレーニングに近いものがあると思います。イメージトレーニングを宗教という人はいないように、潜在意識も特に宗教というわけではないです。

ただ、潜在意識や宗教、あるいはセミナーなどお金儲けのために利用する人もいるので注意しましょう。豊かになりたいなら潜在意識を活用して他で儲ければいいだけですので、もし潜在意識を活用できている人なら、あえてそれをお金儲けの手段にしようなどという気は起きません。

自分だけ理解できていて、こっそり大金を稼げばそれでいいわけですので、あえて人にすすめようという気はしないものです。

「どうしても教えて欲しい、頼むから教えてくれ」ってしつこい人には、ちょっとだけ教えてあげてもいいかなという気にはなるかもしれませんが、宗教の勧誘のように、君もやってみなよと人にすすめる類のものではないのです。

だって、もったいないじゃないですか、苦労して知りえたものを簡単に人に教えてあげるなんて。なので、聞いてもいないのに、セミナーなどに勧誘してくる人には注意しましょう。

このブログ記事について

このページは、attoが2013年4月26日 16:29に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「書籍の購入は最も効率的な投資方法だ」です。

次のブログ記事は「最初の1回目から成功者としてスタートする」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。