お財布と潜在意識

金運をよくするにはどうしたらよいのでしょうか?
それはまず、お金に対する潜在意識を変えることです。
そして、最も効果的といえるのは、財布から変えてみることをおすすめします。

豊かな人の財布には共通点があるといわれ、たいていの人はお金を大切にする財布の状態が維持されているものです。
一方、貧しい人の財布は、お金を雑に扱うような状態が維持されているといわれています。

この点、長財布は金運がよいといわれますが、お札などでも折らずに入れることができますし、容量もある程度は入りますので、数十万円は常に持ち運ぶことができるわけです。
一方、お金に縁のない人はポケットに入るぐらいの折りたたみ財布を使っているといわれ、お金を折り曲げて暑かったり、レシートやポイントカードなどの余計なものでごちゃごちゃしている状態がほとんとです。

お金も人間と同様、なるべく仲間がたくさんいる居心地のよいところに集まってくるのが普通です。
もし、財布がごちゃごちゃになっているとしたら、まずはすっきりとした長財布を1個もって、そのなかにたくさんの1万円札をそろえて入れておくようにしましょう。

財布というのはお金のある場所ですので、ますは環境を整えることからはじめてみてはいかがでしょうか。