丹田で呼吸することの瞑想効果

先日テレビを見ていた際、とある歌手が母校で小学生に歌を教えているシーンがありました。
個人的にライブにも行ったことのある歌手だったので見入っていたのですが、ふとこんなことを言い出したのです。

「体の中心には丹田という場所があって、そこがすべての基本となる。スポーツでも歌でも、そこに力を入れて意識を集中するようにしなさい。」

正確には覚えてないですが、そのような内容のことを小学生に教えていたわけです。
その歌手は昔はオリンピック選手だったり、今も映画俳優などでマルチな才能を発揮している歌手なのですが、彼の口から思わぬこと聞くことができて嬉しく感じたことを覚えています。

私も以前から"丹田"に関してはいろいろなことを聞いてきました。
特に瞑想に関しての呼吸法的なことで丹田で呼吸するのがよいということは知っていたのですが、知識としては頭に入ってはいるものの、なかなか実感としてその効果がつかみきれなかった部分があったわけです。
そのようなこともあって、ちょうど丹田呼吸法に関する本をまとめて購入しようとしていた矢先の出来事だったのです。

おそらく、"丹田"という言葉をテレビで聞くのは10年に1回あるかないか程度の確率だと思いますが、その1回がほかならぬ自分が長年のファンである歌手の口から聞くのは奇遇というにはあまりに偶然すぎるような気もするわけです。

心のなかで欲しいと思っている情報が、自分が引き寄せて現実になったとも考えることができるわけですので、おそらく、これも1種のシンクロニシティー、あるいは引き寄せの法則が発動したのだろうと思います。

この場合、私が欲しかったのは丹田呼吸法の効果に関する根拠だったわけなのですが、一番説得力のある形での根拠を得ることができたので、もう書籍などは購入する必要もなく納得した上で実践することができています。

そのようなわけで、丹田呼吸法の効果に関する理論的な根拠などはよくわかりません。
けれども、実感として丹田で呼吸することが効果的である点に関しては間違いがないものと思うわけです。

このブログ記事について

このページは、attoが2011年11月28日 00:13に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「感情の伴う潜在意識へのアプローチ」です。

次のブログ記事は「常に良いイメージを持ち続けるのが大切です。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。