瞑想の効果と効能

わたしが最近はまっているのは瞑想なのですが、これはなかなかどうして、その効果や効能については実際に体験してみないとわからないふしもあるわけです。
一般的には、心のやすらぎや安定感といった要素を求めて瞑想する方が多いようですが、なかにははっきりとした目的や自己実現、あるいは夢の実現のために瞑想する人が多いものと考えております。

わたしの場合、集中力がかなり向上しますので、いつもはかなりな時間がかかっていたものでも、瞑想をすることにより、あっという間に終了してしまうという効果を感じております。
また、疲れにくくなったりもしたりします。

けれども、瞑想の醍醐味はそこにあるわけではなく、大まかな目標などをイメージしておくと、日中はすっかり忘れていたとしても、潜在意識の方で自動的にちゃくちゃくと歩を進めてくれる点に一番の効果・効能があるわけです。
この点については、シンクロニシティーなどと連動してのことになるわけですが、特に意識していなくても、気が付けば、思っていたことが現実のものとなったというケースも多いように感じられます。

やはり、目標達成のために力んでがんばろうとしても顕在意識の力では限界があります。
なぜなら、人間の集中力というのは長時間はもたないからです。
一方、潜在意識の方でがんばってもらうと、24時間ずっと目標達成のために動いてくれるわけです。
潜在意識にすべてをゆだねてしまうのが一番得策といえるのではないでしょうか。

けれども、潜在意識に目標を受け渡す際には、なかには無意識のうちにやっている人もいるかもしれませんが、たいていの人は顕在意識を使って具体的にイメージしなければなりません。
この点が一番困難なものとなるわけですが、これを簡単に解決してくれるソリューションが瞑想という方法になるわけです。

ただ、瞑想をしていない人であったとしても、誰でも日常生活で軽い瞑想状態に入っている時間帯があるかと思います。
いっぷくしながらぼーっとしているとき、あるいは会議中にうとうとしているときなど、一種の瞑想状態といってもいいかと思います。
そういうときに、何らかの目標をイメージできるようなクセをつけておくと、効果・効能を感じられるかと思います。