瞑想で潜在意識へアクセス

潜在意識を効率的に活用しようと考えた場合、それにアクセスする手段を持っているか否かで結果の方も変化してくるものです。
人それぞれ、その方法も違うかと思いますが、一般的に効果があるといわれているのは「瞑想」を生活に取り入れることです。
瞑想によって顕在意識の活動をしずめていき、うとうとした状態を保持することによって、潜在意識へアクセスするということになるかと思われます。つまり、ぼーっとしてくることが重要なわけですが、居眠りとは違い、意識がわりとはっきりしている状態というのが特徴です。

この状態に入る方法は他にもいろいろあるかもしれません。
教会やお寺などでの賛美歌や読経、あるいは座禅もあるでしょうし、あるいはイスラム圏のお祈りの形式なども、それをしている最中はぼーっとしているはずですので、軽い瞑想状態に入っているのではないかと思われます。

もっとも、そういった宗教上の儀式というのは、何も瞑想するためにやっているのではないはずですし、その行為自体が目的でやっているはずですので、潜在意識とはまた別の話になるかと思いますが、日常生活のなかで深い瞑想状態に入る機会というのは、意図的にやらないと無理なケースも多いわけです。

ただ、軽い瞑想状態なら多かれ少なかれ、誰でもちょくちょくやっているのではないでしょうか。
例えば、電車のなかでガタンゴトンという規則ただしい音を聞きながら、ついうとうとしてしまったり、あるいは会議中についうとうとしてしまったりといったことは日常茶飯事かと思います。

人によっては、そのようなちょっとした時間でも、瞬間的に深い瞑想に入ることが出来る人もいるでしょうし、あるいはまったくそういう状態にならない人もいるかと思いますが、瞑想はしてないよっていう人でも、無意識のうちに瞑想状態に入っている人も多いのだろうと思います。
そのような生まれながらに瞑想ができてしまう人は別にして、普通の人はやはり、意図的に瞑想状態に入る時間を設けるべきではないでしょうか。

さまざまな瞑想方法があるかと思いますが、どれもに共通している項目を当ブログ上でもご紹介していきたいと思います。