瞑想

瞑想で潜在意識へアクセス

潜在意識を効率的に活用しようと考えた場合、それにアクセスする手段を持っているか否かで結果の方も変化してくるものです。
人それぞれ、その方法も違うかと思いますが、一般的に効果があるといわれているのは「瞑想」を生活に取り入れることです。
瞑想によって顕在意識の活動をしずめていき、うとうとした状態を保持することによって、潜在意識へアクセスするということになるかと思われます。つまり、ぼーっとしてくることが重要なわけですが、居眠りとは違い、意識がわりとはっきりしている状態というのが特徴です。

この状態に入る方法は他にもいろいろあるかもしれません。
教会やお寺などでの賛美歌や読経、あるいは座禅もあるでしょうし、あるいはイスラム圏のお祈りの形式なども、それをしている最中はぼーっとしているはずですので、軽い瞑想状態に入っているのではないかと思われます。

もっとも、そういった宗教上の儀式というのは、何も瞑想するためにやっているのではないはずですし、その行為自体が目的でやっているはずですので、潜在意識とはまた別の話になるかと思いますが、日常生活のなかで深い瞑想状態に入る機会というのは、意図的にやらないと無理なケースも多いわけです。

ただ、軽い瞑想状態なら多かれ少なかれ、誰でもちょくちょくやっているのではないでしょうか。
例えば、電車のなかでガタンゴトンという規則ただしい音を聞きながら、ついうとうとしてしまったり、あるいは会議中についうとうとしてしまったりといったことは日常茶飯事かと思います。

人によっては、そのようなちょっとした時間でも、瞬間的に深い瞑想に入ることが出来る人もいるでしょうし、あるいはまったくそういう状態にならない人もいるかと思いますが、瞑想はしてないよっていう人でも、無意識のうちに瞑想状態に入っている人も多いのだろうと思います。
そのような生まれながらに瞑想ができてしまう人は別にして、普通の人はやはり、意図的に瞑想状態に入る時間を設けるべきではないでしょうか。

さまざまな瞑想方法があるかと思いますが、どれもに共通している項目を当ブログ上でもご紹介していきたいと思います。

瞑想の効果と効能

わたしが最近はまっているのは瞑想なのですが、これはなかなかどうして、その効果や効能については実際に体験してみないとわからないふしもあるわけです。
一般的には、心のやすらぎや安定感といった要素を求めて瞑想する方が多いようですが、なかにははっきりとした目的や自己実現、あるいは夢の実現のために瞑想する人が多いものと考えております。

わたしの場合、集中力がかなり向上しますので、いつもはかなりな時間がかかっていたものでも、瞑想をすることにより、あっという間に終了してしまうという効果を感じております。
また、疲れにくくなったりもしたりします。

けれども、瞑想の醍醐味はそこにあるわけではなく、大まかな目標などをイメージしておくと、日中はすっかり忘れていたとしても、潜在意識の方で自動的にちゃくちゃくと歩を進めてくれる点に一番の効果・効能があるわけです。
この点については、シンクロニシティーなどと連動してのことになるわけですが、特に意識していなくても、気が付けば、思っていたことが現実のものとなったというケースも多いように感じられます。

やはり、目標達成のために力んでがんばろうとしても顕在意識の力では限界があります。
なぜなら、人間の集中力というのは長時間はもたないからです。
一方、潜在意識の方でがんばってもらうと、24時間ずっと目標達成のために動いてくれるわけです。
潜在意識にすべてをゆだねてしまうのが一番得策といえるのではないでしょうか。

けれども、潜在意識に目標を受け渡す際には、なかには無意識のうちにやっている人もいるかもしれませんが、たいていの人は顕在意識を使って具体的にイメージしなければなりません。
この点が一番困難なものとなるわけですが、これを簡単に解決してくれるソリューションが瞑想という方法になるわけです。

ただ、瞑想をしていない人であったとしても、誰でも日常生活で軽い瞑想状態に入っている時間帯があるかと思います。
いっぷくしながらぼーっとしているとき、あるいは会議中にうとうとしているときなど、一種の瞑想状態といってもいいかと思います。
そういうときに、何らかの目標をイメージできるようなクセをつけておくと、効果・効能を感じられるかと思います。

効果的な瞑想のやり方

瞑想をする際、効果的にやる方法がいくつか存在しますが、最初のうちはそれほどうまく出来るわけではありません。
継続して取り組むことにより、徐々に深い瞑想をすることが可能になるかと思われます。

個人的におすすめな方法としては、楽な状態ですわってリラックスし呼吸に注意を集中することです。
口から細く息を吐ききりることに集中し、あとは自然な形で呼吸することに注意をするとよいでしょう。
その際、さまざまな想念が浮かんでくることかと思いますが、あえて対処しようとはせずに傍観することが大切です。

呼吸回数でいうと、だいたい30回~50回程度でうとうとしてくるはずです。
けれども、ここで眠ってしまってはいけませんので注意してください。
どうしても集中できない場合は、体の一部のみに意識を集中するようにします。
たとえば、右手のひとさし指とか左足のつまさきなど、一点に集中することでそのほかの部分は固定します。

ひとつだけ眼球運動のみはどうすることもできませんが、瞑想の上級者ともなると、光の玉を思い浮かべてそこに集中することで固定化することが出来るケースもあります。
いずれにしても、何度も繰り返しているうちにうまくなってきますので、それまでは継続することを目的にやっていくとよいでしょう。
うまく出来るようになったら、イメージングをしていくこともおすすめします。

自分の時間を保持することが潜在意識を有効に活用するために大切です。日々の雑事に埋没していると、自分本来の目的も不明瞭になってしまい、何のために働いているのかが分からなくなってしまいます。目的を見失うことがないよう、朝、もしくは寝る前に30分でも時間を確保し、自分と向き合う時間をとるようにしましょう。

人によっては日記をつけることでもよいかもしれません。日記をつけること、それは自分と向き合うことでもあるからです。現在ではインターネット上にブログなども利用できます。たいていのブログの場合、読み手を意識して書かれているものが多いですが、読み手や訪問者をいっさい想定しないで、自分のためだけにつづるブログもよいのではないでしょうか。

一方、瞑想の場合も考えずに行うのがよいでしょう。あれこれ考えずに、呼吸に意識を集中することでリフレッシュすることができます。雑念が浮かんできても受け流し、リラックスした状態で瞑想をするように心がけましょう。

正しい方法でやっていたら、自然と継続してしまうもので、やらずにはいられなくなります。当ブログにもオススメの瞑想方法をご紹介しているので参考にされてみることをおすすめします。

先日テレビを見ていた際、とある歌手が母校で小学生に歌を教えているシーンがありました。
個人的にライブにも行ったことのある歌手だったので見入っていたのですが、ふとこんなことを言い出したのです。

「体の中心には丹田という場所があって、そこがすべての基本となる。スポーツでも歌でも、そこに力を入れて意識を集中するようにしなさい。」

正確には覚えてないですが、そのような内容のことを小学生に教えていたわけです。
その歌手は昔はオリンピック選手だったり、今も映画俳優などでマルチな才能を発揮している歌手なのですが、彼の口から思わぬこと聞くことができて嬉しく感じたことを覚えています。

私も以前から"丹田"に関してはいろいろなことを聞いてきました。
特に瞑想に関しての呼吸法的なことで丹田で呼吸するのがよいということは知っていたのですが、知識としては頭に入ってはいるものの、なかなか実感としてその効果がつかみきれなかった部分があったわけです。
そのようなこともあって、ちょうど丹田呼吸法に関する本をまとめて購入しようとしていた矢先の出来事だったのです。

おそらく、"丹田"という言葉をテレビで聞くのは10年に1回あるかないか程度の確率だと思いますが、その1回がほかならぬ自分が長年のファンである歌手の口から聞くのは奇遇というにはあまりに偶然すぎるような気もするわけです。

心のなかで欲しいと思っている情報が、自分が引き寄せて現実になったとも考えることができるわけですので、おそらく、これも1種のシンクロニシティー、あるいは引き寄せの法則が発動したのだろうと思います。

この場合、私が欲しかったのは丹田呼吸法の効果に関する根拠だったわけなのですが、一番説得力のある形での根拠を得ることができたので、もう書籍などは購入する必要もなく納得した上で実践することができています。

そのようなわけで、丹田呼吸法の効果に関する理論的な根拠などはよくわかりません。
けれども、実感として丹田で呼吸することが効果的である点に関しては間違いがないものと思うわけです。
イメージングでよいイメージを潜在意識に送ったとしましても、日常生活でネガティブなイメージを常に持ち続けていましたら、効果の方が打ち消されてしまいます。この点、常に良いイメージを持ち続けるのは難しいわけなので、意図的にポジティブなイメージを意識するのが大切です。
朝や寝る前など、一定の時間をイメージングの時間に確保して、継続して潜在意識に良いイメージを常に送り続けるのがよいでしょう。

当ブログにつきましても、潜在意識についての時間を確保するために更新しておりますが、一定の時間を持つようにしておかないと、日常生活でのネガティブなイメージに影響されてしまいます。安月給で労働時間が長く、リストラなどのネガティブなイメージを常に持ちつつ毎日を過ごしていますと、そちらの影響の方が大きくなってしまうものです。

コップに1滴づつ良い水をたらしていても、泥水が常に入り込んでいる状況でしたらいつまでたってもきれいな水にはなりません。同じように、一定時間を良いイメージのために費やしていても、他方で常にネガティブなイメージが流れ込んでいましたら、潜在意識にはネガティブなイメージのままで過ごすことになり、そのネガティブなイメージが現実になってしまうわけです。

ポジティブなイメージを常に保つようにし、日常生活でのネガティブなイメージはできるだけスルーするように心がけるとよいでしょう。そのための方法としまして、瞑想を取り入れるのが最善といえます。

今週から株取引があたりにあたってます。

毎日、1割、2割増しを継続しておりまして、
連戦連勝の日々が続いております。

それもちょうどよいタイミングで、
寄りの30分で持越しの株が10%上がったかと思えば、
それを利確して違う銘柄に乗り換えた途端に
そちらの方も30分で10%上がっていく、
そんな毎日が続いているのです。

ただ、このような状況が継続していると、
自分を見失いがちになります。

ひょっとして、俺は天才トレーダーの才能が覚醒してしまったのではないか、
などという勘違いがふと出てきてしまうわけです。

そんな不思議な自信のようなものが出てきておりまして、
通常なら見送るようなタイミングであっても、
積極的にリスクを取りにいったりして、
そしてそれがまたピタリと当たってしまうのです。

株が上がるのか下がるのか、
その銘柄を見て、奥深くまでじっと探っていきますと、
今日はいけるのかいけないのかの微妙な差異を
敏感に感じられるようになった気がしてます。

なぜ、急にトレードで当たるようになったのか、
先週とどう違うのかというと、実は先週から瞑想を
また始めたりしていたのです。

暫く中断していたのですが、ちょくちょくやるようになり、
必要な時に的確な判断が下るようになってきました。

あまり言いたくはないのですが、おそらくではありますが、
たぶんこれは瞑想の効果であるのかもしれません。
1年半ぶりぐらいの更新になってしまいましたが、この間、瞑想はまったくやっておりませんでした。燃え尽き症候群とでもいうのでしょうか、目標を達成したあと遊び呆けていたのですが、そろそろまた瞑想からはじめるつもりです。

それで、瞑想のさらなる効率化を目指して、今回は睡眠アプリというのを使ってみることにしました。iPhoneの無料・有料アプリで人気の高いものをいくつかダウンロードしてみたのですが、これを取り入れることで瞑想に入るまでの時間を短縮できそうな気がしております。

この睡眠アプリにもいろいろありますが、個人的にはバイノーラルビートという仕組みを使ったタイプのものを利用しております。これは小川の音とかそういう単純な音が延々と流れているだけなのですが、周波数の違う音を両耳から聞くことによって、睡眠や瞑想の時と同じ脳波の状態にもっていける仕組みのようです。(詳細不明)

たぶん、おそらくですが、電車でガタン・ゴトンの単調な音が延々に繰り返されたりすると眠くなったりするじゃないですか。おそらくはそういう類の効果を効率的に発揮するアプリなのだろうと思われます。

3種類ぐらいのアプリを試してみたのですが、確かに、多少はうとうとしやすくなった気がしますので、瞑想の時に継続して利用してみる予定です。人によってはまったく効かないとかもあるよいうですので、いろいろ試してみることをおすすめします。

恋愛で瞑想を活用するには?

恋愛で潜在意識を活用する際にも瞑想をすることが有効です。瞑想をすることで精神的な余裕が生まれ、その余裕が恋愛においてもプラスの方向に働くのは間違いないでしょう。

狙っている男性、あるいは女性が既にいる場合、往々にして自ら自爆することでうまくいく恋愛もうまくいかなくなってしまう傾向があります。これは好きな人の前では精神的な余裕がなくなってしまうことが原因ですが、その余裕のなさがあなたの魅力を半減させてしまうのです。

そのため、何とも思っていない人には好かれ、好きになった人には振られてしまう結果になります。好きな人との恋愛を成就させるためには「どうしても落としたい」という精神的な余裕のなさをまずは潜在意識から消す必要があります。

そのために瞑想は有効な手段といえるでしょう。

LINEなどの履歴をみるとすぐにわかるかと思いますが、仲の良い友人の場合にはそっけない返信だったり、ふざけた内容でも気軽にやり取りをしているはずです。数日程度の返信が途絶えた場合でも、特に不安に感じることもないはずです。何らかの形でケンカになったとしても、それほど真剣に悩むこともありません。

お互いにとって負担はゼロの状態ですので、仲の良い友達とは常に良好な関係を保つことができるわけです。

一方、好きになってしまった異性の場合、気軽にふざけた内容は送信できないでしょうし、どこか構えてしまっている自分がいるはずです。また、数日返信がなければ、嫌われてしまったのではないかと不安にかられてしまうかもしれません。

このような精神的な余裕のなさは相手側にとっては重く感じられてしまい、本来ならうまくいくはずの恋愛がうまくいかなくなってしまうわけです。そのため、瞑想で自分自身の潜在意識に沈んでいる異性への接し方や態度を見つめなおす必要があります。

具体的には、仲の良い友人と同様の接し方を意中の異性にもできるようになれば、恋愛がうまくいく可能性が飛躍的に高まるはずです。恋愛を成就させるためには、まずは瞑想で自分の心の在り方を見つめなおすとよいでしょう。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち瞑想カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは潜在意識です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。